冠婚葬祭の衣装をレンタルしたい人におすすめのサイト

>

結婚式に着る衣装

自分の結婚式

「結婚式」の捉え方や、式を挙げるタイミングは個々によって異なります。
多くの人を招いて盛大に行う人がいる一方、身内だけで行う人もいます。
写真だけで済ませることも選択肢のひとつですよね。
このように、結婚式のスタイルが多様化していることを知っておきましょう。

結婚式をするためには多額の費用が掛かる場合も少なくありません。
そのなかでも衣装代が占めるウェイトは大きいとされています。
特に、女性の衣装代が高いですよね。

ちなみに、ウェディングドレスのレンタル料に関する、あるアンケートでは、20万円以上掛かった人が回答者の6割を占めることがわかりました。
ドレスをオーダーすると、借りるよりも高いか安いかはケースバイケースです。

しかし、結婚式の衣装は一度しか着ないなどの理由から、レンタルする人のほうが多いようです。
8割の人がレンタルを利用したとのデータも存在します。

ほかの人の結婚式

親戚が多い人や交友関係の広い人は、結婚式に出席する機会も多くなります。
「ジミ婚」をするカップルもいますが、もし、自分がお呼ばれしたときは、気持ちよく出席したいものです。

結婚式に出席するときは、洋装と和装、どちらのスタイルもあります。
慶事に着られる衣装を持っていない人は、レンタルすることも考えましょう。
気になるのは、衣装レンタル料ですよね。
こちらには、パーティードレス:5,000~10,000円未満(43%)、和装:30,000円以上(39%)といった調査結果が存在します。

和装のほうが高めですが、着付け費用が含まれるケースがあることも関係するようです。
しかし、衣装を自分で管理する手間暇を考えると安いのではないでしょうか。
また、レンタルを利用することで、お呼ばれのたびにいろいろな衣装を楽しめるメリットも注目されています。


この記事をシェアする