冠婚葬祭の衣装をレンタルしたい人におすすめのサイト

>

慶弔時などの衣装

男性の衣装

男性は、冠婚葬祭時にスーツを着用することが一般的です。
そのため、礼服を一着購入しておくと、小物類を変えていろいろな場面に活用できます。

しかし、購入時から体型が変化することも少なくありません。
礼服を着る予定がわかっていると、着られるかどうかの確認ができますが、お葬式のように急な場合は間に合わない場合もでてきます。

そんなときは、改めて購入するよりはレンタルの利用がおすすめです。
レンタル料が1万円までのお店も存在します。
また、小物類のオプションがあるところを選ぶと、それらを購入しなくても済みますね。

男性はモーニングを着る機会もありますが、その回数は限られることが多いため、レンタルにするとよいでしょう。
こちらも1万円以内で可能です。

なお、衣装をレンタルするときは、できるだけ早めに申込みましょう。
急な入り用時には、対応可能かどうかの確認も必要になります。

女性の衣装

女性の衣装には華やかな印象があり、その場を彩るために一役買うことも多いですよね。
その一方、友人関係のお葬式、身内の法要などで礼服を着る機会も少なくありません。

このような場面に慌てないためには、慶事に合わせて礼服を購入するとよいでしょう。
礼服を選ぶときは、慶弔時のどちらにも合う材質やデザインにすることがポイントです。
しかし、妊娠中や授乳中といった女性ならではの事情もあるため、サイズが合わないかもしれません。

そのようなときは、レンタルの利用がおすすめです。
こちらも男性用と同じく、1万円までで借りられるお店が存在します。
レンタルに際しする注意点は、男性のケースを参考にしてください。

なお、妊娠中のお葬式や法要への出席については、いろいろな説が存在します。
迷ったときは、身近な人への相談をおすすめします。
もちろん、体調を最優先することはいうまでもありません。


この記事をシェアする